性別を問わない大腸がんの兆候にはどういったものがあるのかを知る

男女

癌を学ぼう

横になる中年女性

体重が減ってきたら

日本人の死因一位は癌です。癌は日本人にとってもっとも身近な疾患といえます。癌は早期発見で治療できる疾患です。抗がん剤の新薬や新たな治療法が次々と開発されています。癌の中でも大腸がんは男女共に発症する確率が高い癌です。その大腸がんの症状には便秘や下痢、下血など様々なものがあります。その中に体重減少もあります。毎日規則正しい食生活を送っているのに体重が減ってきた場合は、病院で医師に相談する事が大切です。癌細胞は非常に多くのエネルギーを使います。そのためいつも通り食事をしても、エネルギーの元であるカロリーの使用量が多く、カロリーが足りなくなってしまい体重が減少します。癌は40代後半ごろから統計的には増加してきます。定期的に体重を測定する習慣が癌の早期発見につながります。

便秘への対処を学ぼう

大腸がんになってしまった場合、便秘への対処が重要になります。大腸は食べ物から水分を吸収し便を作ります。この大腸に癌ができてしまうと、便が通る通路を癌が塞いでしまう事があります。これによって便秘になってしまいます。大腸がんの便秘には対処方法が複数存在します。便を柔らかくする薬を使用する方法があります。これは便の水分が大腸に吸収されにくくすることによって便を柔らかくしています。栄養内容の工夫も効果があります。癌により便が通りにくい通過障害が起こっているときは、無理に食事をすると嘔吐する場合があります。抗がん剤は内服するものですから嘔吐すると使用できません。そこで口からの食事をやめて点滴を使う方法があります。これによって嘔吐リスクはなくなり、同時に栄養も体内に供給できます。

今後と人気の病院

腹痛の女性

大腸がんはここ数十年で患者数が増加している病気です。多くの医師が近い将来最も患者数が多いがんになるという結論を出しています。人気の病院、良い病院を探すには、何よりもその病気の手術をどれだけ行ったかを見るのが一番です。

詳しく見る